忍者ブログ

美術雑記

展覧会雑記そのほか絵画油絵などを中心に取り留めのない呟きを発信していきます。ご笑覧ください。

御影堂襖絵「望月玉泉」

言ってみれば親鸞のファンたちの力作勢ぞろい東本願寺の至宝展、特に御影堂襖絵「望月玉泉」を見に行く。いつもの高島屋であった。「東本願寺(京都市)は、親鸞聖人の教えを今に伝える真宗大谷派の本山です。1602年本願寺の東西分派によって誕生して以来、「お東さん」と呼ばれ親しまれてきました。
東本願寺の伽藍には、狩野元信や円山応挙など、日本の美術史に名を残す画家たちの秀作が所蔵されていることは、これまでほとんど知られていませんでした。また明治期以降の大規模な伽藍復興にともない、近代京都画壇が総力を結集して描いた障壁画、襖絵の数々が残されています。その中には、棟方志功が描いた多数の肉筆画、版画もふくまれています。」(高島屋東本願寺の至宝展パンフより)(21・4・15美術)
PR

コメント

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[05/28 edward]
[05/25 白石和子]

最新TB

プロフィール

HN:
edward
年齢:
-982
HP:
性別:
男性
誕生日:
3000/08/30
趣味:
川めだか飼育

バーコード

ブログ内検索

カウンター